健康診断

開業特別価格

開業特別価格 8,200円(税込)

健康診断

近年では、生活習慣などの変化から、若いうちに高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、高血糖症などの循環器系の病気を招きやすい疾患や、がんなどを加えた生活習慣病へと結びつくメタボリックシンドロームを発症する人も増えてきています。こうした疾患を早期のうちに発見して適切に治療をおこなうためにも健康診断は大変有効です。
また自治体や企業は、年齢や職種などによって検査項目がさまざまに分かれた定期的な健康診断を実施していく義務があります。
健康診断は、毎年定期的に受診して、自分の身体のデータを以前と比較しながら見ていくことが大切です。つい、健康面に不安がなく、普段忙しいからと受診せずにいると大きな病気を見逃してしまう場合があります。そのため健康診断は毎年必ず受診するようにしましょう。
当院でもさまざまな健康診断が受診できますので、お気軽にお問い合わせください。

所要時間

検査自体にかかる時間は、およそ1時間程度です。

検査結果のお渡し

健康診断書のお渡しは、特別な検査が入っていないかぎり、受診日から1~3診療日目になります。特別の検査があった方は、別途お訊ねください。無料でご郵送が可能です。

健康診断の種類

定期健診

企業などが、非正規雇用も含む雇用者に対して行う、身体測定や尿検査、胸部X線検査など一般的な項目についての検査を行うものです。一般的には年1度ですが、職種や勤務する環境によって検査項目が異なったり、年に2度になったりすることがあります。

一般健診・付加健診

一般検診は企業や地方時自治体などが年一度行うもので、定期検診と比べて、尿検査や血液検査の検査項目が追加され、年齢による発症リスクが高い疾患などの検査が行います。対象年齢は35歳から74歳までです。付加検診は一般検診にさらに超音波エコーや血液検査など、検査項目を増やしたもので、40歳と50歳という節目の年齢に限って行います。

特定健診

メタボリックシンドロームに関わる検査を重点的に行います。メタボリックシンドロームがあると、高血糖症、高血圧、脂質異常症(高脂血症)といった疾患から、動脈硬化をおこし、ついには脳血管障害や心筋梗塞などに到るリスクが非常に高くなります。この検診で、そうした疾患の早期発見・予防に繋げます。40~74歳の方が対象です。

雇入時健康診断

新しく勤め始めたり、転職したりする際に義務づけられている健康診断です。定期検診と同じ項目の検査となります。

検査項目

検査項目 入園・入所用
資格・免許用
雇用時・入職時
内科診療
身長、体重、BMI、腹囲測定
血圧測定
視力・聴力検査
尿検査(糖、蛋白、潜血)
胸部レントゲン
心電図検査
一般採血
費用(税込) 4,840円(税込) 8,200円(税込)

オプション

  費用(税込)
尿酸、尿素窒素、クレアチニン(生活習慣病検査)、HbA1c 1項目毎に、550円(税込)
ウィルス抗体(ムンプス・麻疹・風疹・水痘) 各 3,300円(税込)
B型肝炎(HBs抗体・HBs抗原) 各 3,300円(税込)
C型肝炎 HCV抗体 3,300円(税込)
HIV抗体 3,300円(税込)
梅毒定性(STS・TPHA) 3,300円(税込)
血液型 ABO式 2,200円(税込)
血液型 RH式 2,200円(税込)
便 サルモネラ・赤痢・O157の各項目ごとに 6,600円(税込)
便 O111・O26の各項目ごとに 4,400円(税込)
便 パラチフス・腸チフスの各項目ごとに 2,200円(税込)
便 MRSA 7,150円(税込)
便 大腸がん(便潜血2回法) 1,100円(税込)
色覚 220円(税込)
心電図 1,650円(税込)
胸部X線 2,200円(税込)
尿検査(蛋白、糖、潜血) 550円(税込)
尿ウロビリノゲン 330円(税込)
keyboard_arrow_up